レーシックによって矯正された視力の維持は保証出来ない


レーシックによって矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:2014/02/04


妻が旅行先で転び、左足を捻挫した。
翌日からぼくは会社を休み、
妻の車椅子を押して通院することになった。

このことは、
新宿にいるむすめには内緒にすることにしていたが、
むすめから外食の誘いがあったので、すべてバレてしまった。

次の日の9時、
むすめが子猫を連れてやってきた。
ぼくは玄関で迎えたが、一瞬別人かと思った。

二十年近くフィンランドにおり、ごく最近帰国していた。
電話でのやりとりはしていたが、久しぶりに見るむすめであった。

「元気だったか」ぼくがそう言うと、
「元気だわ。それよりも、ママはどう?」と、
むすめは無遠慮に上がり込んできた。
妻は何度か外遊し、むすめとよく会っていた。

むすめは、叔母の若い頃に似ていた。
色白のふっくらとした顔で愛嬌がよく、
娘のぼくとよく話し合う機会があり、
お姉さんのような感覚を起こさせる人だった。

早速介護するむすめの顔を、ぼくは何度も横目で見ていた。
「パパ、早く濡れタオル持ってきて。
それから、お昼が近いから、何か買ってきてよ」

ぼくは急に、召使いになった。
少々腹が立ったが、老いては子に従え…と考えれば、理解できた。
むすめには、生活力がみなぎっていた。

簡単な昼食後、テレビを見ていたが、
むすめが先程からぼくを注視していることに気付いた。

「ねえパパ、白髪が増えたわね。横の方、耳の上のあたり、真っ白よ」
なんだ、そんなことかと思った。
そしてむすめを見て、むすめもおばさんになっていた。

「今夜、外食しない?」
子猫を抱いたむすめが、晴れやかな顔をした。
ぼくは娘のように、手を挙げて賛成した。

「パパ、ズボンぐらい、取り替えなさいよ」
妻はブラシで、髪をとかしている。
その妻の後ろに、叔母が立っていた。