レーシックをする時にはリスクを理解しておこう

レーシックをする時にはリスクを理解しておこう


レーシックをする時にはリスクを理解しておこう
レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。




レーシックをする時にはリスクを理解しておこうブログ:2017/10/10

体重、体脂肪率、BMI、ウエストサイズ…
とかく減量には数字が付きまとうもの。

そして数字はついつい人と比べたくなるものです。
比べるつもりはなくても、比較するのが簡単なので、
優劣の基準になりがち…

例えば…
減量中の友達と比べて、
「おれなんて減量始めてひと月たつけど、
7`落とすのがやっと…」と落ち込んでしまったり、
「体脂肪率をそんなに落とすなんて、おれには絶対無理…」と
減量をあきらめたりしたことありませんか?

でもね…
体重や体脂肪率、減量の期間を、
人と比べるのはあまり意味が無いと思うんですよね。

実際、
体重100kgの人が90kgに減らすのと、体重50kgの人が40kgに減らすのとでは、
同じ10kg減でも、減量の難易度はまったく違いますよね。

また、同じマイナス10kgでも
筋肉量をキープ、もしくは増やしながら減量した人は、
体重を落とすのに時間はかかるものの、
基礎代謝量が高く、太りにくくてやせやすいからだになっているので、
リバウンドする可能性も低く、筋肉がある分、
見た目も健康的で引き締まって見えるわけです。

減量の目標値やそれに必要な期間は、
その人の体質や遺伝、生活環境によって当然変わるもの。

減量に関する数値を他人と比べることで、
「おれもがんばろう!」とやる気になるのであればいいのですが、
無意味に落ち込んで自分に自信をなくしてしまったり、
減量そのものをあきらめてしまったりすることは、
とてももったいないことなんじゃないでしょうか?

レーシックをする時にはリスクを理解しておこう

レーシックをする時にはリスクを理解しておこう

★メニュー

最新老眼治療するならモノビジョンレーシック
レーシックをする時にはリスクを理解しておこう
レーシックによって矯正された視力の維持は保証出来ない
クリニックまでの交通費を補助してくれることも
レーシックの紹介制度を採用しているクリニック
レーシック口コミサイトを参考にしましょう
レーシックで乱視の治療も出来る
手術後の保証制度の有無を確認しよう
レーシック手術を受ける前に行われる適性検査
よくあるドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)人生が変わる!ハッピーライフのレーシック手術